エマ 理永 Ema Rie

「なぜ?」
形と服への探求から生まれるエマ理永のクリエーション。
ファッションの域を超え、戻り、そしてまた拡がる。

女性の身体へのアプローチが、カッティングを生み、
「美しさとは何?」への探求が、
科学とのコラボレーションを呼ぶ。

そして、脳が生み出す数学が、生命体にも迫る今、
数学から森羅万象へそして人間へと
新たな探求が始まる。

「直感とサイエンスマインド」「探求とクリエイト」の
多重構造の時空と意識が、呼吸し合う作品群。

あらたなクリエイトは、さらなる探求の道へといざなう。

愛知県生まれ、武蔵野美術短期大学工芸デザイン科卒業。

1983年から1985年まで、アメリカシカゴ近郊のウィリアム・レイニー・ハーパー・カレッジのファッションデザイン科にて学ぶ。

1988年「エリ松居Japan」を設立。

1993年から1999年までパリ在住。

1999年、物理学者、数学者、工学士、芸術家とともに
「ISACの会」結成。美術と科学の創造的出会いを目指し、武蔵野美術大学で研究を始める。
東京コレクションに参加するとともに、 アート展に作家として出品、サイエンティスト、数学者、
アーティストとのコラボレーションを続ける。
その一方、ウエディングドレスデザイナーとしても、より美しいドレスのために研究と発表を続ける。

2009年、世界初無重力ウエディング(アメリカ上空)での、ウエディングドレスのオーダーを受け、制作。

東京ファッションデザイナー協議会[C・F・D]会員。日本テキスタイル協会会員。
2005年~2007年 スペース・クチュールコンテスト実行委員会委員長。
宇宙ウェア開発ユニット
(JAXA宇宙オープンラボ 宇宙ビジネス提案 選定ユニット)ユニットリーダー。

2008年〜2010年 東京造形大学 非常勤講師 特任教授

コレクション・ショー

1999年
●「曲面、数学的、幾何学的造形」/青山円形劇場(東京)
●「位相幾何学、トポロジー的造形 —トポロジスト 圓山憲子博士とのコラボレーション」
 /東京キリスト教会(東京)

2000年
●「数学コンピュータソフト<MATHEMATICA>とのコラボレーション」
  /エルガーハウス(東京)
●「脳・心・コンピュータ&ファッション ―理化学研究所脳科学総合研究センター、
 ブレインウェイ・グループ、グループ・ディレクター 故松本元博士とのコラボレーション」
  /芝公園スタジオ(東京)

2001年
●「共鳴 or 侵食 ―身体からコンピュータ内の身体へ、すなわち仮想の身体へ、
  仮想の身体から多面体としての服へ―CGチームGAグラフィックス原田慎吾氏との
  コラボレーション」/有栖川スタジオ(東京)
●「想起が生む時間。不在の服。関係。 ―映像作家 真木雄一氏とのコラ
  ボレーション」/芝公園スタジオ(東京)

2002年
●「変貌するエロティックな非生命体 ―一つの細胞から始まる生命体、私=あなた、真っ白な嘘、実体なき実体、形象の変化する瞬間を捉える服」
  /ヒルサイドプラザ(東京)
●「衣 ―作法、型に沿うことで解き放たれる自由な衣、弓道」
  /駒沢弓道場(東京)

2003年
●「永遠なる瞬間 ―過去・現在・未来を螺旋するフォルム、ウエディング・ドレス・
  コレクション」/東京体育館(東京)
●「ヒューマノイド―情動 ―情動を持つ人口知能、逆説的な人間性の想起」
  /東京国際フォーラム(東京)

2004年
●「ムゲンへの感触 ―視覚 私達は見る そして感覚する あたりまえのように。
  ―視覚認知科学者 ハルト J・バントンダ博士とのコラボレーション」/時事通信ホール(東京)

2008年
●「思考する服 ―服は思考する。私は、ファッションなのか?私は人を覆うものなのか?
  私は誰なのか? ―映像作家 大原勲氏とのコラボレーション」/ヒルサイドプラザ(東京)

2010年
●「数理工学、アート、そしてファッション ―東京大学生産技術研究所教授 合原一幸氏、
  ビジュアル・アーティスト 木本圭子氏とのコラボレーション」
  /ビルボードライブ東京(東京)

2011年
● Worldsleep 国際睡眠学会にて 国立京都国際会館
 大学の時間生物学の研究者Anna Wirz-Justice PhDスイス・バーゼル大学時間生理学、
 神経科学 本間さと博士 北海道大学
● 東京スイーツコレクション 高輪プリンスホテル
 パティシエ12人とのコラボレーション 大橋氏 辻口氏 鎧塚氏etc.

アート展覧会

2002年
●「『芸術と医学』展 ―メタファーとしての医学― 感覚する服 ―原田慎吾氏との共同出品」
  /NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東京)

2005年
●「『世界の呼吸法 アートの呼吸 呼吸のアート』展」 /川村記念美術館(千葉)
   関連イベント
  「ファッション・ライブ 融点 = メルティング ポイント 呼吸 ―呼吸しあう大気の中で混じ合う
  自己他者。
  ―映像作家 豊﨑洋二氏とのコラボレーション」/川村記念美術館(千葉)

2009年
●「『自己+他者+他者』展 ―映像作家 豊﨑洋二氏とのコラボレーション」
 /ギャラリーなつか(東京)

その他

2005年
● 第56回国際宇宙会議福岡大会開会式に出品。
  関連イベント「宇宙フェア」にて、プラネタリウム「メガスター」内でのギャラクシー・
  ミニコレクションショーを開催。

2006年
● フランスでの展示会「Rendez-vous femme」に出展。
  展示とミニ・コレクションショーのインスタレーション。
● 新橋演舞場での舞台「魔界転生」衣裳を担当。
 (原作:山田風太郎 脚本・演出:G2 制作:松竹株式会社 出演:中村橋之助、
  成宮寛貴、藤谷美紀 ほか)
● スペース・クチュール・デザインコンテスト 公開ショー形式最終審査会を、
  同コンテスト委員長として主催、ディレクト。
  審査員長として最優秀デザイナー選考に参加。
  東京大学本郷キャンパス 工学部2号館 フォーラムにて

2008年
●「あらたな工学的感性を養う教育プログラム シンポジウム ―サイエンスとファッションの
  出会い(京都工芸繊維大学主催)」にパネリストとして参加

2012年
● IHES フランス高次数学研究所 IHES [MATHEMATICS&BEAUTY] GARA PARTY に
 招かれる ニューヨーク フランス領事館

メディア&プレス(海外)関連文献/記事掲載

ec/arts3 - 02_03 haute/couture&mathematiques/japan France
nature - 4 July 2002 Science in culture Natural style Idea taken from
science are proving to be fashionable. U.K.
The New York Times - May16,2006 Science Times On the Runway:Spacewear Meant to Dazzle,
Even in Zero Gravity U.S.A.
The Guardian - May 3 2006 Science Weight design for first astrobride U.K.
math HORIZONS - September 2007 High Fashion goes Mathematical U.S.A.