EMarie エマリーエのトップページへ

Main Menu  

Top > Wedding dress > What is Haute Couture ?

花嫁に縫いあがったばかりの
ウェディングドレスをお着せする瞬間・・・
フィットも、デザイン、お花もリボンもすべてのエレメントが花嫁のために、美しくあれと切望します。
鏡を背になった花嫁に
満面の笑顔がくださいますように、
そしてこのドレスが挙式の日、
花嫁の心をずっと守ってくれるように。

Design

オートクチュールでなければできないデザイン・・・
心を込めて縫い上げる卓越した縫い、
卓越した技術でなければ出来ない技、
最高級の生地、
そして見たこともない
オリジナリティがありながら、
エレガントで
斬新なデザイン。

花嫁のひとりひとりに合わせられるから
繊細で大胆なデザインが生まれます。

ERI MATSUIの究極のデザインは
オートクチュールから
始まります。

発想の新しさと
普遍性
そして女性の身体への
フィットの美しさへの追及から

あの究極の美
バランスの美学
あのウェストラインの
美しさが生まれます。

オートクチュールができるまで

あざやかな美意識をもつ花嫁へ

女性たちはエマ理永のドレスを
見て、シンプルだと言います。

自然界の生物や、木々は一見すると
複雑な形です。

でも、それらはシンプルな法則でできているのを、女性たちは
直感で知っているのです。
何もないものだけがシンプルなのではないと。

完璧な身体へのフィット

女性の身体は、ひとりひとりまったく
違います。
そのフィットの確かさは
身体に密着するドレスでは、
完璧な美しさのための
不可欠な要素です。

美意識に根ざしたフィットへの
エマ理永の卓越した技術は
最終的に
花嫁の最高のシルエットと
なって現れます。

その中でもっとも
大切なのはウェストライン
美しい花嫁をより美しく---

その願いが究極のラインを創りだします。

バランスの美学

すべてのデザインのエレメントを
あなたのためだけに存在させます。

究極のエリローズ、リボン、ドレープ

大きさをあなたに合わせます。
そして、最も大切なのは、
形の方向性なのです。
ひとひらひとひらの花びらの向き、
リボンをあなたを美しくするためだけに存在させます。
美の探求者、エマ理永のメゾンでしかできないテクニック。

ドレスに花嫁が合わせるのではなく
花嫁のためにドレスを存在させます。

その綿密な美意識が当日のためいきを生みます。

花嫁がそのドレスを大好き!!と
思ってくださるように。
一点の曇りもなく。

エマ理永のアトリエはサロンの中にあります。
いつもアトリエのスタッフが花嫁のそばに。

オートクチュールができるまで

オートクチュールドレス
price 650,000yen ~ 1,600,000yen + 仮縫代(10% ~ 20%)

シンプルなデザインにこそ
そのテクニックが冴えます。

エマ理永の装飾は装飾ではなく
身体と一体化する造形美だからです。

オートクチュールのすばらしさは花嫁のひとりひとりのために
創りあげる美しさにあります。

かつて、王侯貴族にのみ許された最高級のお仕立て服

デザイナーの美意識が入った時からオートクチュールという名が生まれました。

あなただけのドレスを
エマ理永は創りたいと切望します。

それがどれほど美しいかを
知っているからです。

ご注文いただいた日から、
挙式の日まで

アドバイザーもアトリエも

花嫁とともにあります。

Eri Matsui WEDDING DRESS Salonのドレスアドバイザーはブライズメイトです。

 エマ理永オートクチュールのドレスアドバイザーは、
花嫁の笑顔を見たいと願うブライズメイトでありたいと願っています。

 今は、花嫁がなにもかも決めていく楽しい時代ですが、初めてなので、戸惑う花嫁さんも多くなりました。
ドレスの相談はもちろん、ヘアメイクのこと、アクセサリーのこと、ブーケ、装花、テーブルクロスの色・・・
決めることがいっぱいの花嫁の心の支えでいたいのです。

 エマ理永のスピリットをアトリエのスタッフとともに受け継いだ、ブライズメイト、あるいは、花嫁のためのナイト。
挙式当日までをすてきな思い出にしていただけるために。

 ぜひ一度お気軽にご相談くださいませ。

オートクチュールができるまで

■ エマ理永オートクチュールができるまで

時期の目安 主な工程 アトリエでは
挙式から1年~3ヶ月前まで

1. オーダー決定

 ショップのサンプルでお気に召したものをご試着いただきます。
じっくり吟味しながら、決めていきます。

 - 

2. 採寸、サンプルチェック

 綿密に採寸、そしてデザインされたすべてのポイントのバランスを見ていきます。

製図、採寸表に合わせてあなただけのラインをひいて行きます。

シーチング裁断 縫い :
実際の生地を使ったドレスの前に、もう一枚シーチングという生地を使ったドレスを縫い上げます。

3. 仮縫い

 シーチングという生地で創ったドレスと同じ形のドレスを創り、実際に着て頂いて、しっかりと調整していきます。

身体へのフィット、デザインのバランスを見ていきます。
あなただけの最高のドレスにするために綿密にチェックしていきます。

再製図

 仮縫いのピン打ちをもとに、再度製図をし直し、設計図がようやく完成します。
さらに細かいドレスの内部を決定します。

裁断 :
本当の生地にはさみを入れます。

縫い :
卓越した縫いの技術をもつ専属の縫いスタッフが縫います。

まとめ :
エマ理永独特のお鼻や、リボン、ドレーピングを綿密にし上げます。

挙式の2週間前

4. 最終フィッティング

 縫い上がったドレスを花嫁にお召しいただきます。
フィットの微調整、デザインのバランスを花嫁とともにチェックします。

 - 

5. 裾上げ

 当日のお靴でスカート丈を決めます。
裾を持たずに歩けるように。

 - 

6. お小物あわせ最終

 ヘッドドレス、ベール、手袋、アクセサリーなど、挙式当日と同じ縫いで、全体をゆっくり見ていただきます。
ヘアメイクさんに起こしいただいて、リハーサルすることもできます。

※ヘアメイクさんがこのサービスをなさらない方の場合もありますので、事前にご確認ください。

 微調整、丈上げ、ブレス、最後のお仕上げを心を込めていたします。
こうして、珠玉のドレスが完成します。

アトリエもアドバイザーもあなたの笑顔が何よりの喜びです。

 Up

(c) 2018 emarie.